メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

ください、の使い方を教えてくだサイ…

2015.12.18

ください、の使い方を教えてくだサイ…

こんにちは、ADちっしーです。

さて今回は、敬語の表記シリーズの第二弾です。

テーマは、【ください】

これも、人生で幾度となく使う言葉ですね。あれをください、これをください、ください、ください…人間の欲望は果てしない。という話ではありません。

メールで「~ください」と書くとき、ひらがなにするか、漢字に変換するか、悩んだことはないですか?
まあいいか、とどちらか選び、それ以降は優秀なワープロソフトが予測変換で一番最初に出してくれる「ください」or「下さい」、どちらか一方を何の疑問もためらいもなく永遠に使い続ける、人間は惰性の生き物である…という話でもありません。

「ください」と「下さい」は、実は明確に使い方が区別されているんです。

【ください】

『これを届けてください』と依頼をする場合、あるいは『お座りください』『召し上がってください』のように、相手に行動を促す意味の場合は、ひらがなの「ください」を使います。

【下さい】

さっきの欲望の話ではないですが、例えば『このリンゴを下さい』『あのクリスマスツリーを下さい』『君のハートを僕に下さい』などなど、「モノ」を「もらう」意味では、漢字の「ください」が使われます。

…む?こんな話、先々週もしましたね?
「いただく」と「ください」は、使い方のルールが同じです。

それもそのはず。
自分が依頼する→「ください」
相手にやってもらう→「いただく」
と、示す意味は同じで、ただそのベクトルの向きが違っているだけなのです。

そして最後にアドバイス。
「ください」と「下さい」。どちらを使うか困った時は、英語に置き換えてみるといいですよ。

“ください”は“please”
“下さい”は“give”

やりとりされているのが「行為」なのか「モノ」なのか、なんとなくイメージでつかめますよね。

敬語は正しく、楽しく使いこなしましょう!

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.03.19

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報のつくりかた

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内広報の方法の一つである社内報。社内報には、職場全体の価値観や情報を共有するだけでなく、コミュニケーションの意味合いも含まれています。そのため社内報を活用している企業も多く、その形は紙媒体やWEB媒...

2019.03.15

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

社内報のつくりかた

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

多くの企業にとって、従業員が蓄積してきたスキル、経験をいかに共有していくかは大きな課題です。一部の従業員に依存した経営体制では、長期的な成長が望めなくなるでしょう。そこで「ナレッジマネジメント」によっ...

2019.03.13

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

社内報のつくりかた

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月は季節としてのイベントが多いことはもちろん、新卒社員が入ってきたり人事異動があったりと、何かとニュースの多い時期です。社内報へ載せるべきネタも豊富ですが、毎年同じような話題が上がる中、制作担当者は...

2019.03.12

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報のつくりかた

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報は、どのような形態に仕上げるかによって配布の方法が大きく異なります。仕上げ方は大きく分けて紙、pdf、webの3種類があり、その特徴やメリット、デメリットもさまざまです。社員数が1,000人を超...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ