メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

ください、の使い方を教えてくだサイ…

2015.12.18

ください、の使い方を教えてくだサイ…

こんにちは、ADちっしーです。

さて今回は、敬語の表記シリーズの第二弾です。

テーマは、【ください】

これも、人生で幾度となく使う言葉ですね。あれをください、これをください、ください、ください…人間の欲望は果てしない。という話ではありません。

メールで「~ください」と書くとき、ひらがなにするか、漢字に変換するか、悩んだことはないですか?
まあいいか、とどちらか選び、それ以降は優秀なワープロソフトが予測変換で一番最初に出してくれる「ください」or「下さい」、どちらか一方を何の疑問もためらいもなく永遠に使い続ける、人間は惰性の生き物である…という話でもありません。

「ください」と「下さい」は、実は明確に使い方が区別されているんです。

【ください】

『これを届けてください』と依頼をする場合、あるいは『お座りください』『召し上がってください』のように、相手に行動を促す意味の場合は、ひらがなの「ください」を使います。

【下さい】

さっきの欲望の話ではないですが、例えば『このリンゴを下さい』『あのクリスマスツリーを下さい』『君のハートを僕に下さい』などなど、「モノ」を「もらう」意味では、漢字の「ください」が使われます。

…む?こんな話、先々週もしましたね?
「いただく」と「ください」は、使い方のルールが同じです。

それもそのはず。
自分が依頼する→「ください」
相手にやってもらう→「いただく」
と、示す意味は同じで、ただそのベクトルの向きが違っているだけなのです。

そして最後にアドバイス。
「ください」と「下さい」。どちらを使うか困った時は、英語に置き換えてみるといいですよ。

“ください”は“please”
“下さい”は“give”

やりとりされているのが「行為」なのか「モノ」なのか、なんとなくイメージでつかめますよね。

敬語は正しく、楽しく使いこなしましょう!

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.23

社内報のアイデアが思いつかない!考え方のポイントや事例を紹介

社内報のつくりかた

社内報のアイデアが思いつかない!考え方のポイントや事例を紹介

社内報のアイデアが思いつかない!考え方のポイントや事例を...

社内報の担当者になれば、次の社内報のアイデアをどんどん考えなければいけません。締め切りが決まっており、間に合わなければ社内報を発行できなくなります。しかし、長く社内報の制作を続けていると、だんだんアイ...

2019.01.22

社内コミュニケーションの課題と施策のポイント

職場活性化

社内コミュニケーションの課題と施策のポイント

社内コミュニケーションの課題と施策のポイント

社内コミュニケーションの重要性が注目されています。コミュニケーションが活発に行われていなければ、さまざまな問題が起きてしまうからです。それでは、社内コミュニケーションに関して、一体どのような課題が存在...

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ