メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報で、サプライズ!?

2016.03.07

社内報で、サプライズ!?

ディレクターのkojiです。

企業のさまざまな制作物のご提案機会をいただくのですが、その中で、提案内容に煮詰まった時や迷った時に自分に問う言葉があります。

 それが、「喜び、発見、感動」という言葉。

実はコレ、ある企業の経営理念にもなっているのですが、人の気持ちを動かす力を持った熱い言葉だなと思い、制作物を作る上で忘れないように心に留めています。

「喜んでもらう」ために、「驚いてもらう」ために、「感動を与える」ために。

相手より何倍も相手のことを思い、期待を上まわるためにどうしたらよいかを考えることは大変であると同時にハッピーな作業です。私たちのご提案は、お誕生日に何をプレゼントしようか?喜んでくれるかしら?とドキドキワクワクする作業と似ています。

さて、社内報の企画に置き換えてみましょう。

「社内報で、サプライズ!?」どんなコトができるでしょう。

■いつも、ありがとう。

「ご家族へあてた手紙を書いてもらい、それを社内報に掲載する」という小さなコーナーを設けている企業さまがありました。支えてくださっている妻への感謝の言葉、これからの息子の成長を応援する言葉など、普段なかなか口にできないことを社内報に掲載し、自宅に帰って、サッと妻や息子に冊子を手渡していただきます。気づかずに読んでいたら、なんと自分への手紙が載っている!「えーーーっ!?(驚)」
なんとも感動の一瞬だと思いませんか?

また、ある企業の社内報では、記事の余白部分に社長から社員個人へのメッセージを小さく載せています。1号につき5~6名で、もちろん社員は誰宛のメッセージが載っているか読むまでわかりません。
自分の名前はあるかな・・・?と少しだけワクワク、ドキドキしながら読んでもらえる遊び心のあるこんな工夫もいいですね。

■お疲れさまでした。

定年退職を迎える方へのサプライズとして、入社当時の写真や、職場のまわりの方からの温かいコメントを掲載します。ご本人は社内報に掲載されていることを知りません。「えーーーっ!?(驚)」渡されてビックリ。その1冊は、その方にとってきっと一生の宝物になるに違いありません。

■おめでとう。

定年退職の企画に少し近いですが、お誕生日や出産・結婚などのページへ、まわりの方からのお祝いコメントを掲載するというのもステキな企画になりそうです。

 

誰かが、自分のために何かを考えてくれたこと、それが嬉しいものです。
その嬉しい表情を見て、サプライズする側にもきっと喜びが訪れて、連鎖していく、まさに“コミュニケーションの活性化”といえるのではないでしょうか。

さぁ、ステキなサプライズを、社内報で!

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ