メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

表紙と本文の「用紙」を変えてみる。

2016.07.14

表紙と本文の「用紙」を変えてみる。

こんにちは。うさ田です。
社内報担当者さまから、「社内報を読んでもらうためにはどうしたらよいでしょう?」というご相談をいただくことが多いのですが、まずは表紙をめくってもらうことから始まりますよね。

以前、冊子に特別感を出すために「箔押し」という加工をご紹介しましたが、今回はもう少し簡単に違いを出す方法として、表紙と本文の用紙を変えてみることをご紹介します。

例えば、表紙に「ファンシー系」の用紙を使用してみる。

ファンシー系の用紙は普通のコート紙やマットコート紙より風合いがあります。表紙に風合いのある用紙を使用するだけで普段とは違った雰囲気をだすことができ、「なんだろう?この雰囲気は。なんだろう、この手触りは?!」と、読者の“視覚”や“触覚”に訴える仕掛けとなります。

例えば、表紙に使う用紙を「本文より厚く」してみる。

社内報などであまり厚い用紙を使用することはないかと思いますが、表紙に使う用紙を本文より厚くするだけでしっかりとした冊子になります。そこにPP加工や、箔押しなどのスポット的な加工、銀刷りなど特色印刷を加えると、さらに読者の興味を引くことができるのではないかと思います。

多くの冊子やカタログは、表紙と本文の用紙を同じ用紙を使用して作成していますが、ファンシー系の用紙を使用する。用紙の厚さを変える。加工を加える。など、まずは社内報の顔となる、表紙の用紙を変えてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.03.19

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報のつくりかた

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内広報の方法の一つである社内報。社内報には、職場全体の価値観や情報を共有するだけでなく、コミュニケーションの意味合いも含まれています。そのため社内報を活用している企業も多く、その形は紙媒体やWEB媒...

2019.03.15

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

社内報のつくりかた

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

多くの企業にとって、従業員が蓄積してきたスキル、経験をいかに共有していくかは大きな課題です。一部の従業員に依存した経営体制では、長期的な成長が望めなくなるでしょう。そこで「ナレッジマネジメント」によっ...

2019.03.13

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

社内報のつくりかた

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月は季節としてのイベントが多いことはもちろん、新卒社員が入ってきたり人事異動があったりと、何かとニュースの多い時期です。社内報へ載せるべきネタも豊富ですが、毎年同じような話題が上がる中、制作担当者は...

2019.03.12

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報のつくりかた

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報は、どのような形態に仕上げるかによって配布の方法が大きく異なります。仕上げ方は大きく分けて紙、pdf、webの3種類があり、その特徴やメリット、デメリットもさまざまです。社員数が1,000人を超...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ