メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • 「言う?」「いう?」 表記って何を基準にしたらいいの?

社内報のつくりかた

「言う?」「いう?」 表記って何を基準にしたらいいの?

「言う?」「いう?」 表記って何を基準にしたらいいの?

ディレクターのタカエです。
「ください」「下さい」、「いく」「行く」など、社内報を校正していると「一体どちらに統一するのが正しいの?」と表記の選び方に悩まれる方が多いのではないでしょうか。

そのような時の指標となるツールが、共同通信社が発行している『記者ハンドブック』です。

新聞や雑誌、テレビなど、多くのメディアでも使用されている日本語の統一基準ツールです。
「正しい送り仮名の付け方」や「漢字とひらがなの正しい使い分け」「敬称や肩書きの正しい書き方」といった基本的なルールから、「スポーツ用語」や「差別用語」「皇室用語」といった専門的なルールまで、日本語のあらゆる基準が詰まっています。

社内報のすべての表記をこの記者ハンドブックに合わせることは難しいですが、表記の仕方に迷った際には参考になること間違いなし!校正に悩む社内報担当者の心のよりどころとなってくれます。

さらに記者ハンドブックを参考に、自社の社内報で最低限統一しておきたい表記リストを作っておくと、校正時には大変便利です。社内報編集部には、一冊持っておくと良いでしょう。

また、「表記の統一の仕方は気になるけれど、記者ハンドブックを買うほどでもない」「買う前にちょっと勉強したい」という方は、社内報のつくりかたサイト内のオススメ記事をぜひご覧ください♪

オススメ記事はこちら↓
表記ルールづくり
いただきまーす!は、ひらがな?漢字?
ください、の使い方を教えてくだサイ…

 

校正ルールを作るのも、それをチェックするのもなかなか大変ですが、少しずつ試してみると、クオリティの高い紙面づくりにつながります。一緒に頑張りましょう。

 

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ