メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • 【WEB社内報におすすめ】新入社員ネタで閲覧率アップを目指せ!

社内報のつくりかた

【WEB社内報におすすめ】新入社員ネタで閲覧率アップを目指せ!

2016.03.31

【WEB社内報におすすめ】新入社員ネタで閲覧率アップを目指せ!

こんにちは!この時期毎年恒例なのに、いつもよく読まれる、よくチェックされる企画と言えば、「新入社員紹介」です。

今回は、見られない…と悩む方が結構多いWEB社内報におすすめの新入社員紹介ネタをご紹介。見る人が多い新入社員紹介ネタを使って、WEB社内報の閲覧率を一気に高めましょう!

ポイントは「続きが気になる」と「ココだけの深い情報」を意識することです。早速具体例を見てみましょう。

例1 新入社員がつなぐ、ひとこと夢リレー!

新入社員の配属先や出身校、趣味や意気込み(頑張ります!だけ?)などの紹介は冊子の社内報や恒例のWEB社内報の企画としてあるのではないかと思います。WEB社内報でさらに閲覧率を上げるために、もう一つプラスの企画を作りましょう。

1日1回更新する毎日の連載企画で、新入社員の目標や将来叶えたい夢を表現したひとことと写真を掲載します。次の日誰が紹介されるかの予告も忘れずに!ついつい毎日見てしまう、人気企画になりそうです。

例2 私、実はこんなギャップ人間です。

人間だれしも他人は知らないギャップを持っているもの。入社したばかりの新入社員ならなおさら、人柄や趣味嗜好の深い部分は知られていません。

そこで、一人ひとりの「自分のギャップがあると思う一面」というお題で、人柄や日常生活、趣味・特技などを紹介してみるネタはいかがでしょうか。こちらも毎日更新していくとベスト!新入社員の人数が少ない年は、一人のネタを何日かに分けて様々な切り口から紹介してみるのも面白いと思います。

新入社員ネタでWEB社内報を盛り上げれば、閲覧率アップにつながるだけではなく、新入社員一人ひとりを人気者にすることができるかもしれません!全社を挙げた歓迎ムードを社内報の力で作っていきたいですね。

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ