メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

会社の歴史は、賢人に学べ!

2015.02.13

会社の歴史は、賢人に学べ!

こんにちは。ディレクターのkojiです。

 「温故知新」という四字熟語がありますよね。 歴史や思想を調べたり考えたりして、その中から新しい知識や道理を見出し、自分のものにすることです。 

常に未来に向かって、新しい挑戦を繰り返していくことが求められる時代だからこそ必要な言葉かもしれません。 会社は、これからどこに向かって進むのか?歴史を辿れば、その答えが隠れているかもしれませんよ。

また、会社は新卒・中途問わず新しい仲間をむかえ続けます。社歴の長い人にとっては当たり前に知っていることであっても、新しく入社したメンバーは全く知らない、なんてことは色々な面であるはずです。

今回は、そんな会社の歴史や思想を伝えるネタを一つ。

賢人に学べシリーズ。誌面イメージは、コチラ

6ac00be4631ec8afc857624930621e7f

会社を昔からよく知る人物にご登場いただき、大いに語っていただきましょう。
ご本人の写真は意図的にモノクロにしたりして。モノクロは、昔からの時の流れ(歴史)を感じさせるだけでなく、偽りのない真実の姿を伝えている雰囲気を醸し出せます。色の情報がないので、ごまかしがきかないですからね。

昔を知るメンバーにとっては懐かしさがこみ上げてくる企画になり、社歴の浅いメンバーにとっては自社の歴史やアイデンティティを知る・考える企画になります。 語ってもらう内容は例えば・・・

・昔はこんな会社だった
・思い出に残るエピソード
・変わったもの、変わらないもの。
・自社らしさを作る源泉は何か
・将来に伝えていきたいこと

過去の振り返りだけで終わらせるのではなく、今後につなげられる編集を心がけましょう。

連載で社内報に掲載していくことや、毎年同じ時期に必ず掲載するなどを定例化させていきましょう。そこから社員の会社に対する理解は深まり、今よりもっと会社に対する想いが強くなっていくのではないでしょうか。
ご参考くださいませ。

 
 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ