メニュー メニューをクロース

  • ホーム
  • コラム
  • ホワイトバランス(WB)で写真の印象は大きく変わる。

社内報のつくりかた

ホワイトバランス(WB)で写真の印象は大きく変わる。

2014.12.19

ホワイトバランス(WB)で写真の印象は大きく変わる。

写真を撮った時に暗いとか色がおかしい・・・もう少し奇麗に撮れないかな?と思った事はありますか?カメラまかせのオートで撮っているとカメラも万能ではないので「観たまま」の色にならない事が多くあります。

WBの基本は「環境光」に合わせることです。一般に赤みがかったり青みがかったりといった光源が多いため適切な色温度に合わせる必要があります。

 

だいたいの機種でのホワイトバランスは以下の通りです。

オート 昼光 曇天 日陰 タングステン-白熱灯 蛍光灯 フラッシュなどWBを変えて撮ってみよう。

カメラのモードはオートだと変更できない機種が多いのでカメラのモードを「絞り優先」か「シャッタースピード優先」に合わせます。そしてWBを環境光に合わせます。

 

下の写真の光源は蛍光灯なので蛍光灯に合わせてみました。

lesson10_img01

 蛍光灯こんな感じです。
わかりやすく他の色温度でも撮ってみました。

 

昼光

lesson10_img02

 

曇天

lesson10_img03

 

日陰

lesson10_img04

 

タングステン-白熱灯

lesson10_img05

 

フラッシュ lesson10_img06

 

WBが変わるだけでこんなにも印象が変わります。
こんな方法もあります、マニュアルホワイトバランスとグレーパッチを使った方法を紹介します。

今回はX-riteのColorChecker パスポートを使ってみました。

http://xritephoto.com/ph_product_overview.aspx?ID=1257

※マニュアルホワイトバランスの設定についてはカメラの説明書をお読みください。

 

マニュアルホワイトバランス
lesson10_img07

 

こんな感じです
グレーパッチを使いましたが、必ず必要ってわけでもないので特に無くてもよいです。

おわり

 

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

2019.01.11

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報のつくりかた

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報の名称、つまりネーミングは印象を左右する大切なものです。通常、読者である社員がまず目にするのは社内報のネーミングであり、そこで読むかどうかの判断が下されることも多いからです。それだけに、読んでも...

2019.01.09

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

社内報のつくりかた

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作...

社内報は多くの会社で発行されているのですが、中にはこれまでの伝統を単に引き継いでいるだけで、誰も読んでいないような社内報があります。しかし、そのような社内報に存在価値はなく、せっかく社内報を発行するな...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ