メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

全社員を顔見知りにさせる!?企画ならコレ!

2014.12.24

全社員を顔見知りにさせる!?企画ならコレ!

こんにちは!ディレクターのタカエです。
社員コミュニケーションの基本は、まず社員同士がお互いの存在や業務内容、人柄を知るところから始まります。ですが、社員数が多い企業であればあるほど、社員一人ひとりが知り合う機会は少なくなってしまいます。そのような場合に活躍するツールこそ、「社内報」です!

今回は、全社員がコミュニケーションを取るきっかけを作るための企画をご紹介します。

《タイトル》
注目社員DATABOOK

《目的》
社員間のコミュニケーション活性化 

《取材依頼先》
全社員

lesson13_img01

 

発行ごとに何名かの社員個人をピックアップし、その仕事ぶりやプライベートを紹介する連載企画です。
このページが社員間のコミュニケーションを活性化させる上で大切となる点は、取材の内容です。 いかに一人ひとりの社員に興味を持ってもらえる内容にできるか、でこの記事の成功が決まります。

例えば仕事なら・・・
仕事での得意分野(こんな仕事で困った時は、この人に頼ろう!)や、仕事での信条や成功のコツ、仕事の七つ道具を紹介したり。

例えばプライベートなら・・・
プライベートでの得意分野(この人と同じ趣味の方いませんか?、変わった特技をアピール)や、良く行くランチスポットや息抜きの仕方を紹介したり。

 

「他の社員も参考にできること」をONとOFFで紹介すると、読んでもらいやすくなります。

また、紹介する社員の選定法は、掲載された方に次の社員を紹介してもらう、紹介リレー方式がおすすめです。社員参加型の企画とすることで、より社員の興味を誘うことができます。
年に1度は特集として、普段スポットが当たりにくい社員の方を、編集委員が指名して紹介しても面白いですね!
この企画を通じて、社員一人ひとりが顔見知りの会社を目指してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

2019.01.11

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報のつくりかた

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報の名称、つまりネーミングは印象を左右する大切なものです。通常、読者である社員がまず目にするのは社内報のネーミングであり、そこで読むかどうかの判断が下されることも多いからです。それだけに、読んでも...

2019.01.09

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

社内報のつくりかた

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作...

社内報は多くの会社で発行されているのですが、中にはこれまでの伝統を単に引き継いでいるだけで、誰も読んでいないような社内報があります。しかし、そのような社内報に存在価値はなく、せっかく社内報を発行するな...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ