メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

「色校正」を知る

2015.03.04

「色校正」を知る

ディレクターのマサオです。社内報を印刷物で発行されている担当者様は必見!「印刷知識」をテーマとして色々とネタをご紹介していきたいと思います。

第5回目は「色校正」です。
社内報や印刷物が出来上がった際に、「あれ?校正の時にパソコンのモニタで見た色と違う…」という経験をされた方はいらっしゃいませんか?
事前に印刷される色が分かるといいですよね?

そんな時は実際の色を印刷前に確認することができる色校正をおすすめします!
今回は色校正の種類をいくつかご紹介したいと思います。

簡易校正(DDCP校正)

実際に印刷する用紙や印刷機ではなく、簡易校正専用の出力紙、インキを使用します。

・メリット:最も低価格かつ短納期で色校正が可能です。

・デメリット:実際のインキ、用紙を使用していないため、最終仕上がりの印刷物とは色味が多少異なります。

 本紙校正(平台校正)

実際に印刷する用紙・インキを使用しますが、校正専用の校正機で印刷します。

・メリット:下記本機校正よりも低価格かつ短納期で色校正が可能です。
紙によっては印刷の具合が変わってくるため、簡易校正よりも実際の色味が分かります。

・デメリット:実際の印刷機とは印刷方式が違うので、色にミスマッチが起こる場合があります。

本機校正

実際に印刷する用紙・インキ・印刷機を使用し印刷します。
本番の環境と全く同じ環境で印刷を行うため、価格と時間が掛かります。

・メリット:実際の印刷に一番近い仕上がりで色味を確認することができます。
色を忠実に再現したい場合、実際の色味で判断したい場合に適しています。

・デメリット:校正の中で一番時間がかかり、価格も高いです。

 

いかがでしたでしょうか?
今回は色校正を3種類ご紹介させていただきました!
費用はかかりますが、「出来上がった色が思っていたものと違う!」ということだけは避けたいですよね…。
印刷物の用途によって使い分けてみてください!

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

2019.01.11

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報のつくりかた

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報の名称、つまりネーミングは印象を左右する大切なものです。通常、読者である社員がまず目にするのは社内報のネーミングであり、そこで読むかどうかの判断が下されることも多いからです。それだけに、読んでも...

2019.01.09

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

社内報のつくりかた

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作...

社内報は多くの会社で発行されているのですが、中にはこれまでの伝統を単に引き継いでいるだけで、誰も読んでいないような社内報があります。しかし、そのような社内報に存在価値はなく、せっかく社内報を発行するな...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ