メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

被写界深度で背景のピントを操る

2014.12.24

被写界深度で背景のピントを操る

カメラのレンズでFと数字がついていると思いますが、数字が少ない程明るく、数字が大きいと暗いという言い方をよく耳にします。カメラの「絞り優先モード」はこれを使ったモードです。

絞りを開ける(開放、Fの数字を小さく)とピント部分だけにピントが行って背景がボケる感じに、また絞る(Fの数字を大きく)とピント部分だけでなく背景にもピントが合うようになります。

 写真で比較してみましょう

まずは開放F2.0で

lesson14_img01

 背景がボケてます 

続いて絞ってF11で

lesson14_img02

 まだボケてますが上の写真より背景にもピントが合っています
(サンプル悪くてすいません)

電話する姿を絞りF8でパシャ!

lesson14_img03

 かっこいい? でも背景にもピントが合っていて「うるさい」感じがします。

 開放F2.0で撮ってみます

lesson14_img04

 背景がボケて主役が引き立つ感じ?になりました

もうひとつ

F8 

lesson14_img05

F2.0

lesson14_img06

 

明るいF値のレンズを持っているなら開放で撮った方が人物が引き立ちますね。

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.03.19

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報のつくりかた

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内報を読んでもらうために!送付状の書き方のポイントは?

社内広報の方法の一つである社内報。社内報には、職場全体の価値観や情報を共有するだけでなく、コミュニケーションの意味合いも含まれています。そのため社内報を活用している企業も多く、その形は紙媒体やWEB媒...

2019.03.15

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

社内報のつくりかた

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

ナレッジマネジメントで企業のブランドイメージを守る

多くの企業にとって、従業員が蓄積してきたスキル、経験をいかに共有していくかは大きな課題です。一部の従業員に依存した経営体制では、長期的な成長が望めなくなるでしょう。そこで「ナレッジマネジメント」によっ...

2019.03.13

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

社内報のつくりかた

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月の社内報を制作するなら!どんな内容を書くべきなの?

4月は季節としてのイベントが多いことはもちろん、新卒社員が入ってきたり人事異動があったりと、何かとニュースの多い時期です。社内報へ載せるべきネタも豊富ですが、毎年同じような話題が上がる中、制作担当者は...

2019.03.12

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報のつくりかた

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報を発行するために!pdfする際のポイントとは?

社内報は、どのような形態に仕上げるかによって配布の方法が大きく異なります。仕上げ方は大きく分けて紙、pdf、webの3種類があり、その特徴やメリット、デメリットもさまざまです。社員数が1,000人を超...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ