メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報の編集後記を活用する方法

社内報の編集後記を活用する方法

 社内報の編集後記は読まれています。まずここから読むという人もいるくらいです。

こんにちは。プロデューサーのkitaです。今回は、社内報の編集後記について考えてみます。

50%以上の社内報には、編集後記があります。
編集後記はある程度自由に書いていいもので、取材のこぼれ話や苦労話から、仕事に関係なく日常で感じたことや、季節を感じさせるものまで、そのテーマは様々です。

編集後記の特徴として言えるのは、編集者の人間味が溢れていることが重要です。読者は、そんな編集後記を読んで、ほっとしたり、癒されたりもします。

と、編集後記は自由に書いてよいと言っておきながらも、社内報の編集後記の書き方のご提案が一つあります。インナーのプロモーションツールとして、必ず読まれている編集後記を利用しない手はないと思うのです。
編集後記で、各号で伝えたかった「思いのたけ」をぶつけてみてはいかがでしょうか?あるいは、伝わっているかの読者への問いかけです。

今号の特集は、こんな意図でこんな工夫をした。こんなことを目的に、こんな連載を始めてみた。などなど。読者もうっすらと読み取っている、感じ取っていることが、編集後記を読むことで、「やっぱり」と納得できる、理解を深めることができる。あるいは、先に編集後記を読んでしまう人も結構いますので、理解への導線を作ることができます。

社内報は、社内のプロモーションツールです。各号でどのような効果を求めているか、編集後記で読書と共有してみてはいかがでしょうか? その効果は、ジワジワと出てくる筈です。
読者アンケートを取ってみるといいでしょう。フリーフォーマットのコメント欄に、編集後記へのリアクションが書かれ始めたら、新たな読者とのコミュニケーションの始まりです。

編集後記は、読まれています!

 

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.05.14

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

職場活性化

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

組織活性化のために!企業が実践できる取り組みとは?

会社組織の活性化は、どの企業にとっても大きな課題です。組織活性化に向けて取り組んでいる企業は、いま足りないのは一体どんなところかなのかと悩んでしまいますよね。ひとことで活性化といっても企業ごとに特徴が...

2019.04.25

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

社内報のつくりかた

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

動画配信で社内報の情報伝達力を高めよう!

こんにちは!かわうそです。平成から令和へ・・・新しい時代が始まろうとしています。社内報でもこの1年間、平成を振り返る企画や特集記事が増えたのではないでしょうか。平成30年間を振り返ってみると、紙や冊子...

2019.04.18

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報のつくりかた

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報の編集後記って重要?書き方や文例は?

社内報とは、社内広報をおこなうために作られたツールです。社内報にはさまざまな記事が載せられていますが、その最後には編集後記というものがあります。社内報で大切なのは中身の記事であって編集後記が本当に必要...

2019.04.08

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報のつくりかた

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報の創刊号を作るには?制作のポイントを徹底解説!

社内報は社員が会社のことを理解し、共感したうえで仕事を行うための大きな役割を担っています。今まで社内報を発行していない会社で創刊号を任された担当者は、社内報をどのように作るべきなのか悩んでしまうことで...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-6385-1151

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ