メニュー メニューをクロース

社内報のつくりかた

社内報に「社長メッセージ」は必須ですか?

社内報に「社長メッセージ」は必須ですか?

 こんにちは。ディレクターのkojiです。

さて、社内報に掲載されるメインコンテンツとして「社長メッセージ(トップメッセージ)」がありますが、「社内報に掲載必須のコンテンツなのでしょうか?」とお客さまから質問を受けることがあります。

答えとしては、必須ではないですが毎号どこかに登場したほうがよい、と思っています。それは、経営状況や企業のこれからの目指す方向を示す時、その先頭を走る社長の熱い想いは記事を通じて社員の心に響くと思うからです。

ただし、掲載方法は一つではありません

社内報のメインの発行目的が「ビジョンの共有」や「ベクトル合わせ」などの場合には、毎号巻頭特集に社長が登場したほうがよいかもしれません。しかし、たとえばボトムアップ型の社内報で、「横のつながり(コミュニケーション)」を発行目的とする社内報の場合では、巻頭特集に社長を登場させるのでは冊子の目的が変わって見え読者を迷わせてしまうかもしれません。そのような場合は、別の企画、たとえば「社長と若手のランチ会」とか社長も会社の一員、コミュニケーターとして登場させることをオススメします。

実際に、ボトムアップ型の社内報を目指すサービス業のある企業さまでも、社長さまを毎号最終ページの編集後記程度のスペースに、毎号の社内報テーマに沿ったコメントを残してもらっていました。写真も掲載なし、ご自身のイラストのみ。それでも、このコーナーは非常に人気なのだそう。

なぜ人気なのでしょう?

おそらく社内報でしか載せないコラム内容に編集されていたからです。

社内報の社長メッセージを読んでもらうポイントは、掲載スペースや掲載場所ではなく、社内報にしか載っていない情報であるということ。思いきって試してみてはいかがでしょうか。

 

社内報担当者のための情報サイトSHAHOO!(シャホー)より

(運営:glassy株式会社)

SHARE

全9種類

社内報作成に役立つ資料を 今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する
お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

全9種類

社内報作成に役立つ資料を
今なら無料プレゼント!

インナーコミュニケーションや社内制作業務に関する お役立ち資料を無料でダウンロードできます。

資料ダウンロード(無料)

新着記事

2019.01.18

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報のつくりかた

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

春号の社内報に使えるネタは?定番のアイデアを紹介

社内報を作る際のアイデアに困っているようなら、各季節ならではのネタを取り入れることをおすすめします。例えば、春号の社内報には春のネタを盛り込むと読者の関心を集めることができます。しかし、春といってもさ...

2019.01.17

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報のつくりかた

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報で社員を紹介するなら!趣味を取り上げるときのコツ

社内報は会社が発行する公的な情報誌であり、会社の情報を知ることができるものです。そんな社内報では在籍する社員の紹介をすることもあります。社員紹介では基本的なプロフィールに加えて、より詳しい内容を取り上...

2019.01.11

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報のつくりかた

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

読みたい気持ちを刺激する!社内報のネーミング例

社内報の名称、つまりネーミングは印象を左右する大切なものです。通常、読者である社員がまず目にするのは社内報のネーミングであり、そこで読むかどうかの判断が下されることも多いからです。それだけに、読んでも...

2019.01.09

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

社内報のつくりかた

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作り方

ポイントはコンセプト作り!社員に読んでもらえる社内報の作...

社内報は多くの会社で発行されているのですが、中にはこれまでの伝統を単に引き継いでいるだけで、誰も読んでいないような社内報があります。しかし、そのような社内報に存在価値はなく、せっかく社内報を発行するな...

お電話でのお問い合わせはこちらから

東京: 03-3632-4818

名古屋: 052-856-2045

大阪: 06-7653-5657

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ