メニュー メニューをクロース

社内報お役立ちコラム

トピックス

2015.08.21

知っておきたい、社内報とは何か?

pic_02  

一般に社内報とは、社内広報を行うためのツールとして作られる冊子やweb、または映像などの媒体のことを言い、制作する主な理由としては、企業を構成する従業員同士のコミュニケーションを図る機会、また企業が目指す方向性や必要とする情報などを相互に共有するための手段とも考えられ、「公式の社内広報メディア」とされています。

リーマンショック以降、企業のコスト意識が高まり、経費削減の一環で社内報制作については、一時、縮小傾向が見られましたが、ここ最近では、転職が一般的になってきたことから、社歴の短い社員が多くを占める企業も増えており、そういった企業は統一された社風やその会社らしさというものが形成されにくくなることで企業への帰属性が薄れるという懸念点があることから、企業風土醸成の観点で、改めて社内報の「存在価値を見直す」ということが増えている現状です。

経営者の視点から見ると経営方針を浸透させるために非常に有効的なツールであると言え、経営者が考えていることを末端の社員にまできちんと伝えることが、企業ブランド構築の上で大変重要なファクターであると考えられる他、社内報はその企業の社風を如実に表すものと捉えられます。

その為、経営者自らが社内報制作担当者をしっかりと支援する体制を整え、また最終的に内容に目を通すなど、言わば編集長に近い関わりを持つべきことが必須になるではないかと考えます。

この機会を持って、社内報を何のために発行しているのか、原点に立ち戻ることをしてみてはいかがでしょう。

タップして電話がかかります

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

情報誌プレゼント

お問い合わせ・ご相談

コラムへ

コラムへ

ページトップへ